その1 2002年4月

発病から近所の病院への通院まで

日付 経過 おかあさんの心もよう
4月13
 日
おしっこが真ッ黄色になりました。
 16日 食欲がなくなりました。
 元気もない様子です。
 いたずらもしません。
いたずらしないんですよ〜
 メールの中に書きました。
 大人になったのかな?くらいのつもりで・・・
 17日

 PCV
  =
 22%
同じく、食欲なし、元気なし・・・
 獣医さんに行くことになりました。
 いつもの獣医さんがお休みなので、違う
ところにいき
 ました。

 血液検査の結果、
 肝酵素ALPに異常な数値が認められまし
た。
 赤血球も少ない・・・。

 おしっこが濃い黄色なのは「黄疸」の現
われで、肝
 臓がおかしいことは間違いないそうで
す。

 原因は不明です。
 血液検査をさらに詳しくすすめてもらって
います。

 この日、点滴と注射あわせて5本打ちま
した。
 背中がプクーと腫れました。
 「黄疸が出るって重症なんですよ」
この日私も熱を出していて・・・
 病院にはリーダーに行ってもらいました。

 ひどい顔色で帰ってきたリーダー。
 私は説明を聞くうちに、ロボがかわいそうになって泣きました。

 重症、そんな言葉を聞くなんて。
 私達は「風邪でしょう」って、それくらいにしか考えていなかったのです。
 だって下痢も嘔吐もなしなんです。
 重症なんて思えないでしょう?

 何か変なものを食べさせたか?
 散歩の時に変わったことはなかったか?
 いろいろ考えました。
 でも!でも!何も思い当たらないのです・・・
 18日 今日はいつもより少ないけど・・・ごはんを食べました。

 お薬も飲みました。
 点滴のお陰かもしれませんが、おしっこの色も薄くなっています。
 下痢も嘔吐もなし。

 大人しいし、だるそうなことには変わりはないのですが・・・
 ちょこっとはウロウロ出来ています。

 「ごはんを食べる」
 それがこんなに有り難い事だとは!

 でも、この時点では食べると言ってもなだめすかしてようやくです。
 「ロボ〜エライねえ!!
 これ食べたら散歩行けるかもよ?!」

 一口、また一口、私の手からしか食べません・・・
 それを見ると私はまた泣いてしまうのでした。
 19日

 PCV
 =22.
 4%
いつもの獣医さんに行きました。

 初めて病名を耳にしました。
 「免疫介在性溶血性貧血」、
 別名「自己免疫性溶血性貧血」
 血液の病気で難病です。
 ※詳しくは病気は怖いねにて

 薬を処方されました。
 様子は昨日と変わりません。
 食欲・元気とも・・・

 転院するのはどうか?とも思いました。
 でも、初めての獣医さんに
 「重症です」って言われた私は・・・
 信用してないんじゃありません。、
 何かを求めていつもの獣医さんに行ってしまいました。
 しかし、そこではもっとキツイ現状が待っていました。
 難病・・・最悪の場合も十分有り得るなんて。
 最初の獣医さんもいつもの獣医さんも診立てはいっしょだったわけです。


 ところでこの日リーダーは出張で家に戻りませんでした。
 私の不安で眠れない夜。
 長かったです。
 20日

 PCV
 =17.9%
血液検査。
 また赤血球の数字が下がりました。

 様子変わらずです。
本当は2日後にって言われました。
 でも!
 朝ロボを見たら・・・
 歯肉が真っ白なんです。
 昨日も一昨日も白かったけど、より一層・・・まるで紙のよう。
 手足も冷たい。
 肉球も白い・・・
 どうしよう、どうしよう。
 不安で不安で・・・そしてまた泣く事しか出来ない私でした。
 21日

 PCV
 =16.7%
血液検査。
 どんどん赤血球の数字が下がります。

 飲み薬だけだと効かないと判断された為、この日から注射も始めました。3回連続で打つ注射です。

 様子変わらず・・・

 この日はリーダーも一緒に病院へ。
 ロボは一見元気なような雰囲気です。
 この時期、狂犬病の予防接種ガ多く
て・・・
 畜主同士での会話もせざるを得ません。
これがまた
 キツイのでした。
 ロボ、ご飯を食べるだけが救いです。
 もっともっと食べて欲しいのに・・・
 まだ残っているご飯に見向きもせず寝転
ぶ姿にまた
 涙・・・。

 写真・・・怖くて撮れなかった。
 これが最後になったら、
 そう思うと撮れなった。
 でも、リーダーとも話して撮る事にした。
 きっと治るからこれは最後にならないも
の!

 22日

 PCV
 =20.5%
血液検査。
 今日は赤血球の数が増えてました!
 薬が、注射が効いたのかしら!
 同じ処置をして帰宅。

 様子は変わらず・・・
数値が上がった!!
 とても嬉しかった私達。
 これだけでいい気分。
 もしかしたら、昨日からあげている
 「鶏のレバー」が効いたのかな?
 なんて意気揚揚といろんな人に報告しました・・・

 写真も撮りました。
 こんなトホホなロボ・・・
 見ると悲しくなります。
 23日

 PCV
 =19.2%
血液検査。
 また数値が下がってしまった!
 先生は
 「効く場合はどんどん上向きになるんだよ」って言っていました・・・。

 でも他に治療法がなく、
 注射をしました。
 3回目の注射、次は日にちを置かないと打てません。

 明日は獣医さんがお休み。
 注射のお休みと重なったので先生も明日はいいでしょう、と言う。
一緒に寝るしか出来ない私。
 私が泣くとロボも不安になるから
 なるべく泣かないようにしようって
 明るくしていないとって・・・

 こうして寝ながら
 「明日もこうしていられるの?」
 どうしても考えてしまう。
 25日

 PCV
 =12%
「数値がいけません」
 普通だったら死んでいます
 そんな最悪の数値となってしまいました。
 ご飯も食べるし、自分でウロウロもするロボ。
 こうして動いているのが不思議なくらいだとのこと。

 そして、とうとう東大VMCへ行く事になってしまいました。
 予約、紹介状の手続きをしてくれました。
最後の期待
 東大の家畜病院へ行くこと。
 この病気の権威の先生がいるのです。

 いつもの先生には
 「行っても助かるとは限らない」
 と釘をさされました。

 でも私達に出来る残り少ない事のうちのひとつには違いないのです。出来るだけのことをしてあげたい。
 リーダーに連絡し、明日への準備をしなくては!
※PCVとは血液中の赤血球の割合。犬の場合、37%〜55%が標準
15%を切ると危ないと言われている

ロボの経過・その2
ロボの経過・その2